駅弁コレクション

JR東日本 中部のそのほかの駅
あまり駅弁を買う機会がありません
データは当時のもので、現在は、デザイン・値段が変更されていたり、販売されていなかったりするものもあります。
駅弁包み紙写真
購入日・駅名・駅弁名・値段(当時)・販売社名
92年1月19日
信越本線 直江津
いかやのかにずし
820円
ホテルニューセンチュリーイカヤ

 すし飯の上にかにが散らばっています。かには酸っぱい。
92年7月21日
中央本線  塩尻
信州風味山菜釜めし
800円
カワカミ

 プラスチック製の釜に入った釜めし。ふきやれんこんなど田舎って感じの具がのっています。
95年8月30日
中央本線  上諏訪
杣人弁当
620円
山なか撤退

 鮎の甘露煮など長野県伊那地方を味わえる駅弁。
06年1月4日
中央本線 大月
しめじ御飯
550円
桂川館

 ごはんは茶めしだそうで、ちょっとぽろぽろした感じ。その上に醤油漬けのしめじがのっている。後は漬け物、鶏の照り焼き、みかん、くりといったシンプルな中身。
16年3月30日
信越本線 長野
信州美彩膳
1100円
デリクックちくま

 山菜と信州サーモンのちらし寿司に、五平餅など長野らしいおかずが詰まっています。

駅弁コレクショントップへもどる