駅弁コレクション

JR東海 名古屋駅(その5)
地元なので、旅の始まりだけでなく、自宅で食べるために買うこともあります。
データは当時のもので、現在は、デザイン・値段が変更されていたり、販売されていなかったりするものもあります。
駅弁包み紙写真
購入日・駅弁名・値段(当時)・販売社名
16年8月31日
松阪牛めし
1200円
松浦商店

 松阪牛のすき焼きがご飯の上にのっています。そのままでも、半熟玉子とからめてもおいしい。
16年10月10日
幕の内 こだま
760円
松浦商店
 長年親しまれている幕の内弁当。時代とともに賭けが身が変化し、現在は、ボール紙。

駅弁コレクショントップへもどる