駅弁コレクション

JR東海 豊橋駅(その1)
新幹線で東京方面へ行くときは、豊橋から乗ります。
データは当時のもので、現在は、デザイン・値段が変更されていたり、販売されていなかったりするものもあります。
駅弁包み紙写真
購入日・駅弁名・値段(当時)・販売社名
91年10月20日
稲荷寿し
440円
壷屋弁当部

 味付けが甘すぎると感じる人もいるでしょうが、わたしは好きな味です。
93年8月26日
助六寿司
440円
壷屋弁当部

 まさに助六寿司。
96年2月13日
幕の内弁当
700円
壷屋弁当部

 幕の内弁当です。
98年2月20日
かにちらし
710円
壷屋弁当部

 愛知県=かにというイメージは全くないが、かにちらし。
01年3月31日
潮騒ちらし
820円
壷屋弁当部

 豊橋=潮騒というイメージはないが、渥美半島をイメージしているのでしょう。海の幸がのっています。
05年1月15日
三河路 花の味めぐり
880円
壷屋弁当部

 「花の味めぐり」と名付ける割に、ごく普通の幕の内弁当でした。
07年1月4日
豊橋名産 うなぎ飯
1050円
壷屋弁当部

 冷えていてもうなぎは身皮ともに柔らかく、しっかり味が付いています。しかし、ご飯がかたいのが残念。
08年1月4日
幕の内おべんとう
750円
壷屋弁当部

 ごくごく普通の幕の内弁当です。名産品らしきものは入っていませんでした。
08年10月5日
中華風幕の内
950円
壷屋弁当部

 豊橋でなぜ「中華風」なのかが分かりません。肉団子やエビチリなど中華風のおかずです。
08年10月5日
ヒレカツ弁当
950円
壷屋弁当部

 残念ながら、冷えるとヒレカツが硬くなります。稲荷寿し用のあげが入っているのが、壺屋さんらしい。

駅弁コレクショントップへもどる