駅弁コレクション

JR東海 そのほかの駅
ちょこちょこ名物駅弁を食べています。
データは当時のもので、現在は、デザイン・値段が変更されていたり、販売されていなかったりするものもあります。
駅弁包み紙写真
購入日・駅名・駅弁名・値段(当時)・販売社名
92年7月21日
身延線 富士宮
富士べんとう
700円
富陽軒

 幕の内弁当です。魚ものが目立ちます。
94年12月31日
東海道本線 大垣
美濃路弁当
820円
嘉寿美館加藤商店

 幕の内弁当。山や川のものがメイン。
95年8月25日
飯田線 飯田
信州伊那路弁当
720円
伊那谷駅弁

 飯田線の普通列車に乗っていたら、おばさんが売りに来ました。
 素朴な幕の内弁当です。
02年8月16日
中央本線 中津川
木曽路釜めし
820円
安藤商店

 プラスチック製の釜にたけのこやしいたけなど、山のものがぎっしり。
04年12月31日
中央本線 多治見
多治見の釜めし
770円
アイケイフーズ

 さすが多治見、美濃焼のお釜に入っています。
07年1月6日
高山本線 美濃太田
松茸の釜飯
950円
向龍館

 ふたを開けると、松茸のいい香りがします。全体的に味が調っていておいしい。ただ、缶詰めのさくらんぼはいただけない。

駅弁コレクショントップへもどる