駅弁コレクション

JR西日本 米原駅
名古屋から大阪、北陸方面を目指すとき、必ず下車します。
データは当時のもので、現在は、デザイン・値段が変更されていたり、販売されていなかったりするものもあります。
駅弁包み紙写真
購入日・駅弁名・値段(当時)・販売社名
91年12月31日
牛肉弁当
820円
井筒屋

 近江牛がすき焼き風の味付けで入っています。冷えてもうまい。
93年5月15日
おかかごはん
800円
井筒屋

 名前の通り、ご飯の上におかかがのっている。食べる気101%の意味が分からないし、この内容にしては割高感101%かも。
01年1月1日
近江の味
830円
井筒屋

 幕の内弁当です。鱒は醒ヶ井に養鱒場があるので、分かるが、エビは近江の味?
03年12月28日
元祖鱒寿し
600円
井筒屋

 鱒の押し寿司。山椒の粒がきいている。
07年1月6日
ステーキ弁当
1300円
井筒屋

 かなり大きめで、厚いステーキが生野菜の上にのっている。ステーキは冷えていても柔らかくおいしい。
14年3月21日
琵琶湖の鮎 氷魚ごはんと一夜干し
900円
井筒屋
 氷魚ご飯の上に小さめの鮎を開いた一夜干しがのっています。
15年8月30日
近江牛ステーキ弁当
1543円
沙羅
 ご飯の上に近江牛のローストビーフが敷き詰められています。
  17年8月15日
牛肉弁当
1000円
井筒屋

 26年ぶりの牛肉弁当。肉は冷えても美味いのは変わらず。価格とイラストは変わりました。


駅弁コレクショントップへもどる