駅弁コレクション

JR西日本 近畿地方のそのほかの駅
近畿地方で駅弁を買う機会が少ないです。
データは当時のもので、現在は、デザイン・値段が変更されていたり、販売されていなかったりするものもあります。
駅弁包み紙写真
購入日・駅名・駅弁名・値段(当時)・販売社名
91年12月31日
関西本線 奈良
幕の内弁当
620円
精宏軒撤退

 近江牛がすき焼き風の味付けで入っています。冷えてもうまい。
93年3月5日
山陰本線 豊岡
但馬名物かにずし
900円
たで川

 ご飯の上にかにの身がちらしてあって、さらに抜き身ものっている。
98年12月29日
山陰本線 福知山
お福弁当
920円
福知山駅弁撤退

 大河ドラマにちなんだ駅弁。シメジの炊き込みご飯など、山の幸が中心。
05年8月19日
東海道本線 草津
助六寿し
410円
南洋軒

 普通の助六寿司。稲荷の味が薄味かな。
07年2月23日
関西本線 天王寺
鯛すし
820円
水了軒

 鯛の棒ずしが入った実にシンプルな駅弁。一切れ、二切れはおいしくいただけるが、すべて食べると、酢がきつく感じた。

駅弁コレクショントップへもどる